初歩からはじめるTOEIC勉強法

TOEIC初心者もこれだけやれば安心! 初めてのTOEIC勉強法

>

ビジネス英語を読みこなそう

長文読解パートの勉強法

part7で得点が稼げない最大のポイントは、その時間の少なさです。
文法の時も時間がないと言いましたが、こちらは問題数が多く文章も長いので、時間配分がうまくできるかどうかが鍵となります。自分がどのくらいの早さで英文が読めるのか、最後まで解ききるにはどのくらいのスピード感が必要なのかというのは、何度も解いてみて初めて分かるものです。このpartはとにかく実践あるのみなので、実際に『TOEICテスト公式問題集』で時間を計りながら解いていくのがおすすめです。
ここまで勉強していれば、単語・文法の土台もきちんとできているので、問題を見て何も分からないということはないはずです。あとは実際に過去問を解いていきながら感覚をつかんでいきましょう。

実際に受けてみることが大切

ここまで色々と勉強法を述べてきましたが、一番大事なのはテスト本番の空気を実際に感じてみることです。
公式問題集でなんとなく雰囲気をつかんだら、一度実際にテストを受けてみましょう。その緊張感から、思ったように解けないこともあるかもしれませんが、テストもスポーツと同じで本番に慣れることが一番大切です。最初は失敗して当然。まだ余裕のある時期に、練習で一回受けてみることをおすすめします。
また、実際に受けて返ってくる成績表を見れば、自分の得意なところと苦手なところがどこなのか一目で分かります。それを見て自分に足りないところを勉強していくというのが最大の近道かもしれません。
そして、一番大事なのは楽しく勉強すること。実際に英語を使って海外の人達と一緒に働いている未来の自分の姿を思い浮かべながら、楽しんで勉強していきましょう。すぐにではなくても、あなたの努力はいずれ実を結びます!


この記事をシェアする
TO_TOP