初歩からはじめるTOEIC勉強法

TOEIC初心者もこれだけやれば安心! 初めてのTOEIC勉強法

>

TOEICを勉強するための事前準備

どんな問題が出るの?

リスニングはpart1からpart4まであり、それぞれ形式と問題数が決まっています。
Part1は全6問。問題冊子には写真のみがあり、4つの英文が流れます。その中から最も状況に当てはまるものを一つ選択する問いです。
Part2は全25問。問題用紙には何も印刷されておらず、純粋なリスニング問題です。問題は一問一答形式で、比較的短い英文が流れます。
Part3は全39問。ここら辺から難しくなってきます。問題用紙には設問と選択肢が書かれており、2,3人の会話が流れます。
Part4は30問。Part3と同じように設問と選択肢が書かれていますが、こちらは長い英文を聞いて、1つの英文につき3問の問いに答えなければなりません。リスニングパート最大の難関です。

リスニングの勉強法

リスニングは、やった分だけ結果が目に見えて伸びるパートです。どれだけ英文を聞いたかが鍵となります。
とは言っても、普段から英文を聞く機会が多いなんて人はなかなかいないですよね。リスニングの得点を上げるには、英文に耳を慣らすのが一番良いので、リスニング用の問題集を一冊買って、それを何度も聞いて解いていくというのが得点アップへの近道です。
私のおすすめの参考書は、『世界一わかりやすいTOEICテストの授業(part1-4リスニング)』です。Partごとに分かりやすい解説が付いているので、リスニングが苦手な人でも安心です。優しく解き方のコツや裏技を教えてくれます。初めは分からなくても大丈夫。問題集を何周かしているうちに少しずつ聞き取れるようになってきます。


この記事をシェアする
TO_TOP