初歩からはじめるTOEIC勉強法

TOEIC初心者もこれだけやれば安心! 初めてのTOEIC勉強法

リスニング対策で大幅得点アップ!

まずは、TOEICがどんなテストなのか知るところから始めましょう。
TOEICはリーディング、リスニングの力が試される試験で、それぞれパートが分かれており、解答時間の合計は2時間です。解答は全てマークシート式になっており、パートごとに時間が決まっているので、戻ることはできません。
早く終わっても勝手に先に進むことができず、逆に戻ることもできないというのが、普段の学校の定期テストとの一番の違いです。また、リスニングも一度しか英文は流れないので、聞きなおすことができません。そのためTOEICでは、時間内に素早く答えを出すことと、一回で正確に英文を聞き取る力が求められます。
その一方で、設問数やパートの形式などは毎回ほぼ変わらないので、しっかり対策することで、初めてでも高得点を取ることが可能です。

ここでは、初めてのTOEICで500~600点を取るために、まずどのような勉強をしていけばいいのかを紹介していきます。
まず確認すべきは単語です。授業や受験でしっかり覚えたつもりでも、意外と忘れてしまっていることの多い英単語。また、TOEICはビジネスシーンの文章が多いので、ビジネスに特化した聞きなれない単語も多く出てきます。受験用の単語帳よりも、TOEIC用の単語帳を使うと良いでしょう。
そんなにたくさんは覚えられない……という方におすすめなのが『TOEICテスト英単語ターゲット1500』。大切な単語がぎゅっと凝縮されており、基本の600単語を覚えるだけで、リーディングがぐっと楽になると思います。
それでは、毎日少しずつ単語を覚えつつ、まずはリスニングパートを対策していきましょう。

TO_TOP